動画基礎知識

動画の解像度とは何なのか分かりやすく解説してみる

投稿日:

動画を色々見ている人だと「フルHDで美麗!」とか見たことあるかもしれませんが、「フルHDって何?」となっている人いるんじゃないかと。

フルHDなどああいった画質と関連付けて話しされてるものは、いわゆる解像度と呼ばれるものでして、映像の綺麗さに関連性があります。

今回は解像度とは何なのか具体的に解説しつつ、解像度の例を見ていってみようかと。

動画の解像度とは点の数のこと

テレビ画面なんかを顕微鏡で見ると分かるんですが、電子機器に表示される映像って沢山の点で描かれてるんですね。

で、解像度というのはその点の数のことです。

例えばフルHDの場合1920x1080(横x縦)を指していて、この数字はそのまま横方向と縦方向の点の数を表しています。

ちなみに画素数っていうのは1920x1080をそのまま計算した数です。フルHDの場合は2,073,600になりますね。

解像度が高くなるほど点が増えてよりキレイに見える

「フルHDは美麗!」みたいになぜ言われているかというと、点の数が増えるほどより繊細に映像を表現できるからですね。

単純に10x10の店で顔を書いてみてくださいと言われたら、とてもじゃないですけど無理だとじゃないですか。ところが1000x1000だったら絵の上手さはさておき、書けなくはないかなと思いませんか。

それと同じで点の数(解像度)が増えるほどより映像を丁寧に写すことができるためキレイだと言えるわけです。

動画の解像度例

現在一般的に使われている解像度の例を挙げておきます。

名前解像度
(横x縦)
画素数
144p256x14436,864
240p427x240102,480
360p640x360230,400
SD画質(480p)720x480345,600
HD画質(720p)1280x720921,600
フルHD(1080p)1920x10802,073,600
4K・UHD(2160p)3840x21608,294,400
8K・SHV(4320p)7680x432033,177,600

※数字が大きくなるほど基本的には画質がキレイになります。

144p~360pは現代だと相当画質が荒くなります。一応Youtubeが対応してたりしますがあまり使う機会はないかもしれません。

SD画質はDVD相当の解像度になります、割と現代でも使われていますが少なくはなってきている印象ですね。

HD画質はブルーレイとDVDの間の解像度です、動画配信サービスなんかでよく使われてます。

フルHDはブルーレイ相当の画質です、現代だとここが美麗な映像かどうかの境目になってる感じありますね。

4K・UHDは現代だとトップクラスの高解像度です、ただ映像やモニタが対応してないことが多くてまだ使う機会は少ない感じがします。

8K・SHVはじわじわ登場してくるだろう解像度で、画素数で見るとちょっと頭おかしい数値出してますね。ただまだ底までは普及してない感じです。

気になってる人がいると思うので"p"について解説

「144pとかの"p"ってなに?」という人いると思うので触れておきます。

これは描画方法のことを指していて、簡単に言うと昔と比べて画面のちらつきを抑えられる描画方法なんですね、pは。

他に"i"がつく描画方法があってこっちは画面がちらつきやすく、そのため現代では殆ど使われていません。

ちなみに正式名称はそれぞれ

i = インターレース走査
p = プログレッシブ操作

とか言ったりします。

詳しい描画方法の違いについては長くなるので、下に収納しときます。気になる人はタップorクリックで開いてください

pとiの違い詳細(タップorクリックで確認)

まず映像は小さな点の集まりだと書いてきました。

ですので映像を描画する場合システム的には一つ一つ点に「ここは赤ね、ここは青ね」と言った具合に司令を出していくことになります。

つまり映像というのはそういった点への司令を超高速で行っていくことなんですね。

で、描画は横方向に1本やって次の1本とやっていくのですが、ここからiとpの違いが出てきます。

iの場合は上から順番に1本ずつやっていくのですが、この場合一番上と下で差が大きく開くせいで人間の目からすると映像がちらついて見えてしまうという欠点がありました。

そこで新たなpという1本飛ばしで描画し、下まで行ったら今度は抜かしていたやつを描画するという方法を編み出したわけです。

1本飛ばしで描画すると上と下で差が発生しにくく画面のちらつきを抑えられたので、映像をよりキレイに楽しめるようになったわけですね。

そのためiよりpのほうが画質がキレイという話になります。

解像度が高ければキレイになるとは限らないので注意

基本的に解像度が高いほどキレイという認識で良いのですが、たまに詐欺まがいのことやってる人らがいるので注意喚起として書いておこうかなと。

解像度というのはあくまで最大値が高いだけで、データ量がそれに伴ってないとあんまり意味ないんですね。

例えば最大値50の箱に50入れたらきっちり性能を引き出せますけど、最大値100の箱に50入れたら前者と変わらないよねっていう。

ちょっと難しい話になるのであれなんですが、解像度高いから良い! と飛びつくと損したりするのでお気をつけてください。

動画の解像度だけでなくモニタの対応解像度にも注意

こっちはもっと身近な問題で、動画がたとえフルHDのものでもモニターがフルHDに対応してないと意味ないです。

最大値が50しか無いモニターに、100の綺麗さを持つ動画を流しても50でしか表現できないっていう話になります。

また動画配信サービスをテレビで見るための「ストリーミングデバイス」にも対応解像度があったりしますのでお気をつけてください。

まとめ

  • 解像度はモニタなどの縦横の点の数のこと
  • 解像度だけでなくデータ量も伴ってないとキレイには映らない
  • 動画の解像度だけでなくモニタやデバイスの対応解像度もチェックする

と言う話を書きました。

正直データ量の話は「Hulu」や「U-NEXT」といった有名なサービスであれば解像度が上がるほど、データ量も増やしているので一般人が気にする必要なかったりします。

どっちかっていうと動画を作る側が気にするべき話かもしれませんね。

個人的には割とモニタやデバイス選びで失敗してる人が多い印象がありますので、そこは注意したほうが良いかなと思います。

ちなむと現状だと4Kに対応している動画は少ないですので、フルHDに対応しているモニタやデバイスであれば十分ですね。

-動画基礎知識

Copyright© Zonlog , 2020 All Rights Reserved.