auビデオパス

auビデオパスの評判やメリット・デメリットを調べて、実際に試してみた

更新日:

ずっとauユーザー専用でやってきていたauビデオパスが遂に誰でも使えるようになってまして。

VOD好きとしては試してみたいなとずっと思っていたので、auビデオパス実際に試してみることにしました。

一応試す前にメリット・デメリットを調べたので、試してみた感想と合わせてシェアしていけたらなと思います。

結論から言うとauビデオパス映画割引に使うなら継続利用もありってサービスでした

※2018年8月9日時点の情報を元に作成
auビデオパスの基本スペック

・月額562円 + 税
・配信作品数不明(10,000作品ぐらいという噂)
・初回登録30日無料

auビデオパスの他VODより優れている点(メリット)

映画割引がお得すぎる

auビデオパスに加入しますと

・auシネマ割
・auマンデイ

2種類の映画割引が利用できまして、これらがかなり強いんです。

◯【auマンデイ】
auマンデイは「TOHO Cinemas」でご利用できます。

■映画鑑賞料金:
大人1,800円 ⇒ 1,100円(税込)
大学生1,500円 ⇒ 1,100円(税込)
高校生以下1,000円 ⇒ 900円(税込)

■割引対象日:毎週月曜日(祝日含む)

◯【auシネマ割】
auシネマ割は「UNITED CINEMAS」でご利用できます。

■映画鑑賞料金:
大人1,800円 ⇒ 1,400円(税込)
大学生・高校生1,500円 ⇒ 1,300円(税込)
シニア1,100円 ⇒ 1,000円(税込)
幼児・小中学生・障がい者1,000円 ⇒ 900円(税込)

■割引対象日:月火水木金土日(祝日含む)

https://www.au.com/support/faq/view.k1610434613/

利用できる映画館など割引を受けるための制限は幾つかありますが、それを差し引いてもかなり大きな割引金額かと思います。

auビデオパスの利用料金が562円+税なことを考えると、大人の場合毎月2回映画を見るなら確実に元を取れますので。

キッズ系が結構揃っている印象

使ってみて、キッズ系のアニメや映像作品が割と充実していると思いました。

U-NEXT」のように家族使いが充実する、1アカウントを複数人でシェアするための機能は無いのでそこは不便ではありますが、子供がいるのなら割と使いやすいかもしれません。

基本的なラインナップは日曜の朝型にやってるアニメですね、アンパンマンとかがありました(2018,08,09時点)

ダウンロード機能あり

ほとんどの動画配信サービスが持っている機能ではありますが、一応メリットとして紹介しておきます。

ダウンロード機能があると、wifiが繋がっているところで事前に見たい動画をダウンロードしておけば、オフライン環境下でも動画を楽しむことが出来て便利です。

ただしダウンロード機能を使っても退会後、動画を楽しむことは出来ないので注意してください。

毎月新作1本分のポイントが貰える

毎月540ビデオコインがもらえます。

1コイン=1円相当なため、月額562円+税なこと踏まえるとかなりの大盤振る舞いです。

大体540ビデオコインあると新作映画1本は見れますので、映画好きなら登録しておいても良いかもしれません。

(auビデオパスは配信作品全てが見放題ではなく、一部課金作品が含まれている)

auビデオパスの他VODより劣っている点(デメリット)

動画見放題のラインナップが他と比べ弱い

ぶっちゃけauビデオパスは動画見放題の配信サービスとしてみた時、他と比べてしょぼいです。

単純に扱っている作品数も少ないですし、人気作の取扱数も「Hulu」など人気の高いVODと比べ少ない傾向にあります。

映画割引や、540円相当のポイントが毎月付与されるのは魅力的なんですが、そもそも動画のラインナップがしょぼいとなるとうーむという感じ。

対応視聴可能デバイスが弱め

個人的に不満が大きいです。

一般的なPCやスマホ・タブレットでの視聴にはしっかり対応しているのですが、テレビでの視聴方法が他サービスと比べよくありません。

auビデオパスのテレビ視聴方法」を見てもらうとわかるんですが、一押しのFireTVに現状非対応なんですよね(2018.08.08時点)

ChromecastやAppleTVには対応しているので致命的な弱点とまでは言いませんが、他と比べて自由度が低いのは確かですし減点ポイントです。

ストリーミングデバイスではFireTVStickが最強」だと思っている人間なので、FireTVシリーズにはぜひ対応して欲しいところですね。

実際にauビデオパスを試してみた感想

実際に試してみた感想を3行でまとめると

・見放題作品あんまりない
・新作映画は割と揃ってる印象
・映画割引はかなりお得に見える

という感じ。

見放題作品が少ないのは動画配信サービスとして大きな弱点とは思いますが、レンタル対象の新作映画は結構揃っている感じだったのでそこは良いなと思います。

また映画割引はVODの中でも異色の特徴で、月額562円+税で使えることを考えると対象映画館を利用できる人ならかなりお得に映画を見ることができるかと。

レンタル対象の新作映画も毎月もらえる540円相当のポイントで1本見れますし、auビデオパス映画好きにもってこいのサービスかも。

auビデオパスについての結論を書くなら、映画館利用したり新作映画をよくレンタルする人ならかなり使えるVODって感じです。

SNSでのauビデオパスの評判

最後にSNSだとどんな評判なのか軽く紹介しておこうかと思います。

結構ドラマに強い様子で、国内ドラマの話題も多かったです。(おっさんずラブとか)

※配信作品に関しては登録時に配信されてない可能性もあるため、各自確認するようお願いします。

auビデオパスについてのまとめ

  • 映画割引強い
  • 新作映画毎月1本貰えるポイントで見れるの強い
  • ただ見放題ラインナップは若干しょぼい

一応フォローしておくと、ラインナップが豊富だからといって自分に良いサービスかは別問題なため注意が必要です。

例えばアニメが好きな人にとって、国内ドラマや洋画・邦画が充実していても意味がないですから。

自分の見たい作品が配信されているかで見ていくとよいかと。

※「とりあえず見たい動画がないので万人向けのVODに入りたい」って人は個人的には「Hulu」か「プライムビデオ」がおすすめです。

-auビデオパス

Copyright© Zonlog , 2019 All Rights Reserved.